So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

'71年~'73年、貧乏旅行の宿泊事情 [青年は荒野をめざした/番外編]

[前置き] 情報価値としては殆ど意味も無いような過去のヨーロッパ放浪記事を、スピンオフとして書いているのは自身の体験を年月を経た視点から再検証するためでもあります。

----------------------------------------------------------

'71年から'73年の2年2ヵ月ほどの間、期待に胸奮わせたり失望に打ちひしがれたりしながら北欧から北アフリカまで地図の無い旅を続けていた。
サハラ砂漠近くのヒッチでは丸一日のあいだ車を待った時もあった。また、お金が無くて野宿で過ごしたことも一度や二度ではなかった。
当時は世界中から若者たちがバックパッキング、無銭旅行というスタイルで異国を放浪する事が若者文化の流行りでもあって、そのための宿泊施設も今と比べてとても豊富なバリエーションが揃っていたように思う。

私が初めて簡易宿泊所に泊まったのは日本を出てまだ2週間足らずで、スウェーデン・ストックホルムの街に滞在した時だった。
臨時のアルバイト探しのために滞在していたのだが、ガイドブックに紹介されていた中世風の街並み「ガムラスタン(旧市街)」界隈の宿泊所を探し当てて飛び込んでみたら、なんとそこは『サルベーション・アーミー(救世軍)』という浮浪者専用の様な宿泊所だった。
フロントで薄汚れた毛布を一枚受け取って奥に向かうと、そこは二段ベッドがびっしりと並んでいるだけの殺風景な大部屋(タコ部屋)で、周りをよく見ると各国から流れて来たヒッチハイカー達とは別に地元の酔っ払いや失業者といった宿無したちが3割ほどだった。
その後も各地で劣悪な宿泊状況を経験してきたが、ヨーロッパの地に足を踏み入れた最初から浮浪者たちとの宿泊の洗礼を受けたことは環境に順応出来るメンタリティを作ってくれたようにも思える。

ストック-ガムラ.jpg
 ▲ストックホルム/湾岸エリアの億に「ガムラスタン」という中世風の地域がある。

スウェーデンでのタコ部屋はまだ屋根があるから良い方で、デンマークでは軍隊のキャンプ場のようなテントだけの粗末な宿泊施設で数日間寝泊まりしていた。
実際に並んでいるテントはカーキ色のアーミー色一辺倒で、少し離れたところに共同のトイレやシャワーが並んでいる。朝のラッシュアワーには長い列の出来るほどなのだが、意外とみんなマナーが良く割り込みや喧嘩など見たことは無かった。まさに軍隊の様な規律正しい宿泊施設だった。
考えてみれば、若者たちのほとんどは徴兵制度のある国から来ていて軍隊様式の生活は慣れっこになっている。寝袋をベッドに粗末なシャワーや共同トイレの集団生活にもまったく不快感はなさそうだった。
'70年代当時は世界の若者たちの間で「コミューン思想」というものが流行っていて、ヒッピーから発展したフラワーチルドレンやドロップアウターたちの共同生活は一種のファッションでもあったようだ。

コペン-チボリ.jpg
 ▲デンマーク/コペンハーゲン「チボリ遊園地」

Salvation Army の安宿やテント生活で過ごした後にも、北アフリカのチュニジア、アルジェリア、モロッコを渡るヒッチハイクでは窮乏の宿泊体験が続いた。
アラブ諸国のホテルには独特のエキゾチックな雰囲気があって“不思議大好きな好奇心男”にはたまらない魅惑の世界だった。
しかしどんな場合でも現地人向けの宿泊所を利用していたので、トイレのみ風呂なしでシャワーは共同といった簡易なつくりの部屋ばかりだったが部屋の壁や床のタイルはアラビア風幾何学模様でイスラム文化の香りを満喫出来た。フランス映画「望郷」の舞台となったアルジェのカスバの雰囲気そのままの安宿体験だった。

宿泊施設というものもそれぞれお国事情を表わしていて面白い。
スペインでは個人の住まいの一部を提供してくれるペンション(民宿)を利用していたが、あるペンションではそこの家族の娘が大の日本人贔屓(びいき)で、二泊ほどしただけなのだが毎晩私の部屋へやって来ては好奇の目で眺めて色っぽくすり寄って来たりして困った事もあった。スペイン語は分からなかったが、どうやら「日本に行きたい。連れて行ってくれ」という意味の事を言っているようでその情熱的なアプローチから逃げるのが精一杯だった。

当時のスペインやイタリアといったカトリック系の国では女性と肉体関係を持つと結婚しなければならない義務があって“それを守らないと一族の長から命を狙われる”なんて言う噂が私たち外国人ヒッチハイカーの間では通説だったのだ。
このカトリック系の倫理観は今でも健在なのだろうか?あれから四十数年経った今ではすっかり変わっている事だろう。

宿泊ベッド.jpg
 ▲ソ連時代のモスクワで泊まったエコノミークラスの部屋。とても殺風景な部屋だった。

 


nice!(24) 

変わらぬ風景~原風景を求めて [制作日記]

私が風景を描く時は、きまって落書きのような気分でスケッチブックを弄(もてあそ)ぶ時だ。

童心に帰って憧れの風景と向き合っている時間、それが魂の開放された時間の様に思える。
だから私の風景画はまったく個人的な感情移入と意味付けがされていて作品と言うものではないと思っている。

近頃では自分にとっての風景画が“原風景を探索する手段”のような気がしてきた。
幼い頃の風景の中にはノスタルジーに浸れる部分もあるけれど、それ以上に人生の謎を解く鍵が埋まっているようにも思える。

choko-kan_01.jpg 

二十代の頃に描いたスケッチを見つけたので、その場所に行ってみた。
周囲の風景はすっかり様変わりしていたが、スケッチした周辺だけは時間が止まっているかのように変わらぬ空気が流れていた。

徴古館の裏.jpg 

過去のスケッチを通して何となく若き日の絵描きの魂にタイムスリップした。

そこは心落ち着く空間だった。
そこには紛れもなく未来に希望を求める生命感あふれた若者がいた事を知った。
そして時が過ぎた今、そこに私が発見したものは再生という希望の姿だった。

少し辺りを散策してみたら、腰掛けるには丁度いい切り株を見つけた。
何だか昔に見たことのあるような懐かしさを醸し出している。
あの頃もこんな風にぼんやりと座って未来へのイメージを膨らましていたのかな…。

切り株風景.jpg 

ふとしたことから原風景を求めて、そして辿り着いた処は憩いの空間だった。
心機一転、再生をイメージさせる憩いのひと時はタイムスリップのその先にあった。

家に戻ってからさっそくスケッチブックを取り出して頭に浮かんだ切り株を素描してみた。
今日のこの一枚が新しいテーマと創作意欲を生み出す再生の一枚のような気がした。

切り株描画A02.jpg

 


nice!(18)  コメント(4) 
共通テーマ:アート
前の2件 | -