So-net無料ブログ作成

闘病の自覚 [日々の背中2:糖尿前立腺ガン編]

 今週末に前立腺その後の経過検診の予定があるのだが、それ以前に一難去ってまた一難、糖尿の方の具合がよろしくない。
毎年春頃になると年末年始の食べ過ぎや、汗をかかない季節のためか血糖値は上がって来るのだが、先日測ったHb(ヘモグロビン)A1cは何と10.8に上がっていた。5~6.5が正常値というものが近年中では最悪の数値になっていた。本来なら入院治療しなければならない状態である。


去年から前立腺ガン問題が浮上して治療や対策にあれこれと時間を割いてきたが、実は私にとって一番の問題は「糖尿病」であるという事だった。
糖尿病と診断されてから早9年になるが、決して模範的な患者ではない私はその時々の自分の意識や気分の変化によって病気との付き合い方が変わってくる。合理的に理論的に機械的に症状に対処出来ない人間なのである(苦笑)
(※ちなみに親戚の中で同じ様に糖尿病を患っている叔父がいるが彼は私とは対極の模範的な患者で、カロリー計算も正確に測って食事制限や規則正しい生活をしている。妻からも咎められている私の日常と比べると恥ずかしくて頭が上がりません)


病院の食事.jpg


ではその様な生活態度の私はあまり真剣に深刻に病気の事を考えてはいないのか、と言えばそんな事はありません。やはり一番気にかかるのは「合併症」のことです。
実は妻にも正確には伝えていませんが、手足の指先が常時しびれているのです。足の方が特に厳しく一ヵ所に小さな鬱血の跡が見られます。この症状が現われ始めたのは昨年の暮れからで、その頃は前立腺ガンのことで頭がいっぱいで壊疽(えそ)の可能性は気にしながらも後回しにしていたのでした。本当はもっと早期に医師のチェックが必要だったのでしょうけれど、一ヵ月ほど前にようやく相談に行った結果…心配していた合併症にまでは進んでいなかったようですが、どうやら動脈硬化が始まっていて血流が末梢神経まで行き届かない血栓症であることが原因と診断されました。


しかしこれはこれで脳血栓から「脳梗塞」などを引き起こす可能性の考えられる恐ろしい状態でもあるので、あまり呑気な事を言っている場合ではないようです。
私には「闘病している」という自覚が足りないのでしょうね。そんな遮二無二になっては判断を見誤りますが、やはり病人である事の自覚と謙虚さは必要なのでしょう。
食べたいように食べて、生きたいように生きることは願望ですがそれが叶わぬ状況にしてしまった現実をしっかり見据えて生き方を調整してみる事も可能性を広げる工夫と言えるかも知れません。


かつて「糖尿ロッキー」なんて言う“病魔と闘う馬鹿真面目なヒーロー”を考えたことがありましたが、自分の病魔と対峙して闘う姿は人生そのものでもあり、どんなに無様に見えても見方によっては勇気を与える生き様かも知れません。
…なぁ~んて事を言いながら、闘病の自覚を背負って明日に向かってモアベター!


インシュリン注射.jpg


 


 


nice!(21)  コメント(5) 

nice! 21

コメント 5

don

こんにちは。
>合理的に理論的に機械的に症状に対処出来ない人間
誰しもそうだと思います。
自分も含めて、どうしても快楽に流れてしまいます。
by don (2017-04-25 12:30) 

いっぷく

若い頃は、夜中におにぎりや甘いものをたらふく
食べても血糖値は上がらなかったのですが
最近は、そんな無茶はしなくなったのに
若い頃よりもHbA1cは高くなっています。
加齢は逃げられない因子ですね。
by いっぷく (2017-04-26 07:50) 

扶侶夢

>don さん、いっぷくさん、ご来訪&コメントありがとうございます。
歳を念頭に入れるか入れないかの違いのようにも思いますね。快楽に文句なく流されるのは気持ちも肉体も若い印で、私なんぞは快楽に対して猜疑心を持つようになりました。^^)
加齢も衰退も逃れられない因子ですからどう付き合うかがその人の個性なんでしょうね。そう考えれば病気も個性の表われのひとつなのでしょうか?
by 扶侶夢 (2017-04-27 17:29) 

jyoji-san

個人差がある様で、同じような食事を摂っていても糖尿病になりにくい人がいるみたいですね。
我が家ではご飯は1杯にする為に、小さな冷凍用の容器に炊き立てご飯を軽く入れてそのまま冷凍し、食べる時はその一個だけをレンジで温めて食べています。以前は炊飯釜からご飯茶碗に入れて食べていたのでついつい2杯、3杯となっていました。
でも合間に食パン(なにも付けない)を食べているからダメですけど。
by jyoji-san (2017-04-29 15:19) 

風船かずら

年を重ねると、若い時とは違いますね。無理はできませんね。わたしも血糖値が高くなったり、足の血流が悪くなったり、全身のこむら返りとか、いろいろ症状が出るようになっていました。医者にも相談しましたがあまり重大には思わなかったようで、そういう症状が出る理由がはっきりしませんでした。それから数年、最近ではいろいろの健康番組などで自分の健康状態のチェックの仕方が分かるようになって、ノートをつけています。重大な病気の前にはそれまでの生活があるので、生活の仕方や対策に気を付けると足のしびれとか血栓などでも少しずつ改善するように思います。病気になるとつらいですからどうぞお大事に。
by 風船かずら (2017-05-10 15:59) 

Facebook コメント