So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の2件 | -

私流カミングアウト(5)~洗脳体験 [随想随筆]

 自己を形成してきた要因や体験を確認することは、見過ごしてきた過ちを発見し改善するきっかけにもなる。それはこれまでの人生の流れを変える大きなポイントかも知れないが、と同時に秘めておきたい程の恥辱の痕跡になるかも知れない。私的なカミングアウトは内面世界への挑戦と冒険でもある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私の伏せておきたい体験の中に“洗脳体験”と言うべきものがある。但し、洗脳体験と言ってもそれは私の受け取り方であり表現であって、決して全面的に悪しきものという意味では無いことを断っておく。自己開発やマインドコントロールという手法も言葉を言換えればある種の洗脳といえる訳でそういった意味でのメソッドの一種と捉え直して考えたい。
 私が後に洗脳体験として自覚したのは、ある自己開発セミナーを受講した経験からであった。アメリカからやって来たというそのセミナーは後にマスコミに取り上げられて物議をかもした事もあったようだが、友人から紹介されてオリエンテーションに参加した時は少しの胡散臭さはあったものの、そんな否定的な雰囲気は感じなかった。スマートなアイスブレイクとちょっとしたトリックのクイズ形式ゲームで気を惹かれてセミナーに対する好奇心が高まり気がつけば参加申込書にサインしていた。とても上手な勧誘方法だった。
 このセミナーに関してはしばらくの間まで効果の様なものを感じながらその影響が持続していたように思える。バブル期だった事もあって費用の高額だった点や受講者の勧誘がネズミ講的だった点を除けば、能力開発に関わるいくつかの応用できる手法でもあって有益な点もあった事は間違いないと思うが(昨今の自己啓発講座やファシリテーター養成講座などにもその要素が少なからず反映されているように見られる)それにしても思考を自己改造に沿った価値観に書き換え、誘発する部分には洗脳の要素がある事も認めざるを得ない。洗脳とは実に巧妙に出来ているものなのである。
 しかしこういった場に於いて行われる一種の教育を“洗脳”と称するなら、極論すれば私たちは既に子どもの頃から帰属する社会の洗脳によって育てられた部分が少なからずあるというふうに考えられる。人も成長して自立できる歳になれば、社会からも独立して自分のものの考え方も懐疑してみる事が本当は必要なのかも知れない。自分を壊して裸一貫から組み立てられる、それの出来る人が“賢者”となる要素を持っている様に思う。

セミナーパンフ.jpg

続きを読む


nice!(15) 

カモメのジョナサンの思い出 [タイムスリップ忘備録]

【カモメのジョナサンの思い出】


ジョナサン:五木寛之.jpg


<カモメのジョナサン> '70年代初頭にアメリカで発表されて日本でも一大ブームを起こしたリチャード・バック著、スピリチュアルな内容の寓話的短編。ベトナム戦争や学生運動で国際社会が混迷していた時代、若者たちが何か新しい価値観と哲学的な道を求めて試行錯誤していた時代に登場して世界の多くの若者たちのバイブルとなった。


'70年代の初め頃に発表された「カモメのジョナサン」は世界的なベストセラーになり映画化もされるなどカウンターカルチャーとして流行したが、その影響は日本でもいたるところに見受けられた。同じ頃に発表されたジャズ界のスター、チック・コリアの「リターン・トゥ・フォーエバー」のアルバム写真もよく似たカモメのイメージ写真だった事が、私には時代の象徴として「カモメ」を印象づけたものだ。 その頃から日本ではステッカーやロゴマークなどに「自由・飛翔の象徴」としてカモメがやたらと現れはじめる。ちなみに当時の東映映画人気シリーズ「トラック野郎」で愛川欽也が演じだ脇役のニックネームは「やもめのジョナサン」だった。


日本語翻訳版は五木寛之が担当したが、そのあとがきに「自ら翻訳をした作品を批判する文章」を書いたエピソードは有名である。後に「サリン事件」を起こしたオウム真理教の幹部の愛読書であった事が判明して、改めて五木寛之の先見性・洞察眼に感心したものである。

<ご注意>
このコラムは過去に発表した内容をそのまま転載しているため、その後に新事実が発見されたり、また時代を経た今日では差別的とされる用語や表現があるかも知れません。『タイムスリップ』の趣旨としてそのままの形でアップしておりますのでその点はご了承下さい。

nice!(25)  コメント(2) 
前の2件 | -