So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

いろいろ抱えながら…まだ生きてます。 [日々の背中2:糖尿前立腺ガン編]

糖尿病と前立腺がんに見舞われて・・・最後の記事を書いてからあっという間に3年くらいが過ぎたかな?はっきり覚えていないけれど、一時は周りの皆さんを騒がせたこともあったようです。初めて糖尿病と診断されてから10年以上が過ぎました。体に異常を覚えて自分で運転して病院に行ったら両手に点滴を打たれて“緊急入院”と言われてから早10年。「自分で運転して事故でもしたらどうするんだ」と医師に叱られたけれど、最近の高齢者の危険運転を見ていると他人事ではなく恐ろしくもなる。

糖尿と闘っている矢先にこんどは前立腺に引っ掛かってしまった。病気としては糖尿病の方が深刻なのだが、前立腺がんは生検という針を刺して細胞を調べる検査が辛かった。実は今回久しぶりに生検を行なう予定だ。初めて検査されたのが8年前、あまりの痛さに“二度としたくない”と思ったのに、あれから3回目の生検となる。先日MRIを撮ったのだが少し妖しい影があるために、より詳しい検査が必要らしい。果たしてどうなる事やら…。

中央放射線MRI.jpg

最近身の回りに“認知症にまつわる話や実体験”が目に付くようになってきて、他人事でもない様な気がして来た。「糖尿前立腺ガン編」と銘打ってこのブログを書いているのだが、今後は認知症の話しも加えられたらと思います。
これまでも自分の両親を初め、色々な場面で認知症を実体験してきたけれど、よく考えればそれは介護する側としての第三者的視点だったように思います。ところが先日親戚からの電話で、歳の近い姉が認知症らしいという話しを受けて驚きとショックでした。親以上の自分の身に一番近いところで、それもこれまで兆しのなかった姉がそんな風になっているとは…。それによって、家族を初めとする周囲の人たちとの関係も微妙に変わるようです。そういった事情は勿論分かっているつもりですが、それでも実感はなってみなければ分からない。私が重要だと思ったのは“事前の予防といずれそうなる覚悟”でした。


nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

21世紀の種■アーカイブ

21世紀の種title_01.jpg


2度の世界大戦、原子力の開発、経済のグローバル化など過去の20世紀に芽吹いた種は、根底で影響を与えながらその延長線上として今21世紀に顕著化した現象となって表われている。


すべての現象にはその予兆となるものがあって世界の歴史は因果関係から成り立っているものだ。そしてその定石に沿ってゆくならば、この21世紀も2050年辺りにはその全容を現し始めることであろう。
そしてその兆しともいえる発芽の種はもう此処彼処に散らばって撒かれ、それは“21世紀の種子”となって見えているに違いない。  


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 


【21世紀の種・記事目録<2009年2月~2019年5月>】 


「21世紀の種」覚書(2009年2月・記)


誤った過去にとらわれるより、正しい未来に目を向けよう(2009年5月・記)


次元を超えて(2009年6月・記)


もしも人間が神の子であるのなら…(2009年6月・記)


ネオ資本主義(2010年1月・記)


マイノリティについての考察(2010年6月・記)


ネオ資本主義VSポスト資本主義(2010年6月・記)


21世紀型勝者の競争理論(2010年7月・記)


糸川英夫博士にエールを送る(2010年11月・記)


種は芽となり花となる(2011年1月・記)


退化ではなく…(2011年2月・記) 


新・Uターン現象(2011年4月・記)


21世紀の基本課題(2012年4月・記)


信じるということは諦めないということ(2012年8月・記)


天地創造(2012年9月・記)


ミステリーサークルと宇宙の謎(2013年4月・記)


宇宙は大きな合わせ鏡(2013年4月・記)


時代の表層~権力構造だけが引き継がれている(2013年6月・記)


プログラミングが小学校の教材となる(2016年8月・記)


パワーシフトと視点シフト(2017年10月・記) 


日本人にとっての正義感の推移(2017年11月・記)


新世紀の発想~書き換えられてゆく思想(2018年6月・記)


未来へのテーマ~2025年・大阪万博(2019年1月・記)


ネガティブ・ケイパビリティという考え方(2019年5月・記)


☆ 



共通テーマ:日記・雑感
前の2件 | -